スポンサードリンク


AQUOS ZETA SH-01H

AQUOS ZETA SH-01H

©ドコモ

AQUOS ZETA SH-01H スペック

「AQUOS ZETA SH-01H」の主な仕様
機種名 AQUOS ZETA SH-01H
メーカー シャープ
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8992/1.8GHz+1.4GHz 6コア
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大200Gバイト)
ディスプレイ 約5.3型フルHD IGZO液晶
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 LTE:約1300分、3G:約840分、GSM:約850分
連続待受時間 LTE:約490時間、3G:約550時間、GSM:約430時間
バッテリー容量 3100mAh(取り外し不可)
メインカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディカラー Blue、Black、Magenta
サイズ 約74(幅)×139(高さ)×7.9(奥行き)ミリ
重量 約151グラム
発売予定日 2015年11月上旬

 

 

ディスプレイは約5.3型フルHD(1080×1920ピクセル)表示で、リフレッシュレートが120Hzと従来モデルより高速な「ハイスピードIGZO」

を採用。残像感の少ない、映像を表示できるという。

 

1310万画素のメインカメラは位相差AFとコントラストAFを組み合わせることで、従来機より3倍高速なピント合わせを実現。

秒間120コマの動画撮影も行える。またリコー「GRシリーズ」の開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR Certified」も引き続き取

得した。自撮りなどで使う機会が増えているインカメラは解像度が800万画素、広い範囲を撮影できる広角レンズを備えた。

 

シャープの独自機能「エモパー」には光と音のエフェクトが加えられ、まるでスマホが生きている様な演出を楽しめる。

声でメモが記録できるなど機能性もアップした。

スマホを握って操作する「グリップマジック」や背面の指紋センサーなど、利便性を高める機能を従来モデルから継承した。

プロセッサは6コアのQualcomm Snapdragon「MSM8992」(1.8GHz+1.4GHz)で、

3Gバイトのメインメモリと32Gバイトのストレージ容量を備えた。OSはAndroid 5.1を採用。バッテリー容量は3100mAh。

そのほか、防水/防じん、おサイフケータイ、ワンセグ、フルセグ(録画対応)、NOTTV、防水(IPX7)などに対応する。

スポンサードリンク


↓↓ランキングに参加しています!1日1回クリックして頂けると非常にありがたいです!↓↓



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ