スポンサードリンク


ZTE Blade V6

ZTE Blade V6

©ZTE

ZTE Blade V6 スペック

「ZTE Blade V6」の主な仕様
機種名 ZTE Blade V6
メーカー ZTE
OS Android 5.0
プロセッサ MediaTek MT6735/1.5GHz 4コア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約5型HD TFT液晶(IPS方式)
解像度 720×1280ピクセル
連続待受時間 約450時間
連続通話時間 約12時間
バッテリー容量 2200mAh
メインカメラ 有効約1300万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー シルバー、グレー
サイズ 約69.5(幅)×142(高さ)×6.8(奥行き)ミリ
重量 約122グラム
対応バンド LTE:Band 1(2100MHz帯)、Band 3(1800MHz帯)、Band 8(900MHz帯)、Band 19(800MHz帯)
3G:Band 1(2100MHz帯)、Band 8(900MHz帯)、Band 19(800MHz帯)

 

 

Blade V6は、AXON miniよりはスペックを抑えたモデル。

その分価格も安く、性能に多くを求めないが、安く端末を購入したい人に向いている。といっても決して低スペックではなく、ディスプレイは5型のHD(720×1280ピクセル)、プロセッサはMediaTekの「MT6735」(1.3GHz 4コア)を備える。

1300万画素のアウトカメラには、暗い場所でも自然な色で明るく撮影できる2色のフォトライト「True Tone Flash」を搭載したほか、顔検出や美肌モード、オートパノラマなどを利用できる。インカメラは500万画素となる。

 

AXON miniと同じく曲面ディスプレイを採用し、ボディはラウンド形状になっている。

ディスプレイ面はガラス、側面~背面は6013アルミ合金で構成されており、高級感にこだわった。

金属ボディながら約122グラムと軽く、厚さも約6.8ミリに抑えた。

“丸みを帯びた薄い金属ボディ”はiPhone 6/6sとよく似ているが、最近のスマホトレンドを押さえたデザインともいえる。

価格は安いけれど、見た目は安っぽくない。

そんな印象を受けた。

スポンサードリンク


↓↓ランキングに参加しています!1日1回クリックして頂けると非常にありがたいです!↓↓



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ