スポンサードリンク


Galaxy A8 SCV32

Galaxy A8 SCV32

©KDDI

Galaxy A8 SCV32 スペック

「Galaxy A8」の主な仕様
機種名 Galaxy A8 SCV32
メーカー サムスン電子
OS Android 5.1
プロセッサ 1.9GHz+1.3GHz 8コア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.7型フルHD スーパー有機EL
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 LTE:約1370分
連続待受時間 LTE/WiMAX 2+:約520時間
バッテリー容量 3050mAh
メインカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー ホワイト、ゴールド、ブラック
サイズ 約76.8(幅)×158(高さ)×6(奥行き)ミリ
重量 約153グラム

 

 

「Galaxy A」シリーズは、サムスン電子がグローバルで展開しているミドルレンジクラスのスマホ。

日本市場ではこれまで、フラッグシップの「Galaxy S」や、大画面モデルの「Galaxy Note」を展開していたが、初めて普及価格帯のAシリーズを投入する。

 

KDDI、サムスンとも、ボリュームゾーンの選択肢を増やす狙いがあるという。

ミドルレンジに位置付けられるA8だが、屋外でもリッチコンテンツを楽しめるよう視認性に優れる5.7型のスーパー有機ELを搭載。

大画面ながら狭額縁設計で片手でも持ちやすいサイズを維持した。

さらにホームボタンの3度押しで画面が縮小する片手操作モードも用意。ホームボタンには指紋センサーも備えた。

カメラもアウトが1600万画素、インが500万画素と高スペックで、プロセッサも8コアのものを採用。

メモリも2Gバイト、ストレージも32Gバイトと、基本性能は充実している。また外部メモリとして最大128GバイトまでのmicroSDに対応するなど、使い勝手にも配慮した。

スポンサードリンク


↓↓ランキングに参加しています!1日1回クリックして頂けると非常にありがたいです!↓↓



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ